スポンサードリンク

ストレスと過食

ストレスから、つい食べすぎてしまう。食べ続けてしまう。

私は高校生の時そうでした。

原因は、そう。

ストレスです。

ストレスがまたると、私のように食べるタイプと、逆に食べられなくなってしまう。

二つのパターンに分かれることが多いと思います。

あなたは、何かイライラしたりしてストレスが溜まった時。

食べすぎ、食べられない。

どっちのパターンになりますか?

食べすぎも、おなかいっぱいになって、食べるのをやめられたり、その日だけ!

これなら、ストレス発散のための食べすぎ。という事で片付く問題かもしれません。

しかし、私のようにいくら食べても食べつづける。満腹感がよくわからない。

こうなってしまうようだったら、気をつけたほうがいいですね。

私の例ですが。

朝食を普通に食べ、1時間後学校で、特大パンを2個。

それでもすぐお腹がすいてしまい、授業が終わる度にパンやお菓子を食べ。

お昼は食堂で2人分+友達が食べきれなかった分。

そして、学校が終わったらそこからはひたすら食べ続けました。

バイト中はちょくちょく休憩室へ行ってお菓子。

食べられない時は、食べる事ばかり考えて、食べられない事でイライラしてました。

もちろん激太りし、痩せなくちゃ!

そう思っているのに、食べる事を辞められない。

たった3ヶ月程で20kg太りました。

当時は親元から離れて、寮で生活していたので、

久々に会った時、あまりの変わりように両親は驚いていました。

さすがに体的にも危険と思い、保健医に相談に行ったときにはすでに過食症と言われました。

そこからは、長い戦いでした。

しかし、幸いストレスの原因が寮だと両親が気づいてくれ、

一人暮らしをさせてくれたお陰で、ストレスから解放されました。

ストレスがなくなると同時に、今までほどの過食から抜け出す事もでき、友達や周りの協力もあり。

過食症が続く事も、拒食症へと移行してしまう事もなく、普通の生活を取り戻す事ができました。

しかし、たった1つの事から始まったストレスが、人生を大きく変えてしまうんです。

ストレスによる問題は、あなたが思っている以上に大きな物かも知れません。

美容家のIKKOサン。

彼女も一時期ストレスなどからパニック障害になってしまったそうです。

しかし、そのストレスを解消できた一つがウォーキングだそうですよ。

なにか一つきっかけを見つければ、ストレスは軽減する事もできるんです!

もし、あなたがストレスを抱え、食に走ってしまうのなら。

私のようになる前に、ストレスを発散できるものや、話を聞いてくれる人に頼ってください!

体のサインを見逃さなければ、きっと予防する事も可能だと思います。

自分の為にも。

そしてダイエット成功のためにも!

ストレスのない生活を心がけましょう!


タグ:ダイエット
posted by 中辻美里 at 16:38 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。